社民党香川県連合 代表 高田よしのり
takatanx.exblog.jp

ときどき報告しています。コメントは、字数が限られています。長文になるようでしたら、takata@sky.bbexcite.jp  までお願いします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
高田よしのりのツイッター
最新のコメント
私の地区でも、自治会の班..
by かいいん at 18:29
たいへんでしたね。市の下..
by takatanx at 23:18
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:55
宇都宮さんのような 質..
by 政治は分かりません。 at 20:41
rein310様コメント..
by takatanx at 00:33
アメリカの平和、日本の平..
by rain310 at 00:04
井上さん。お久しぶりです..
by takatanx at 22:10
よんなんさん、お久しぶり..
by 井上勝博 at 02:12
昨年の6月頃だとは思いま..
by takatanx at 23:32
これって、昨年の何月に植..
by 芝生おやじ at 08:33
「人を見たら泥棒と思え」..
by takatanx at 21:56
久しぶりにコメントをいた..
by takatanx at 21:56
社民党がいうほど善意にあ..
by 人を見たら泥棒と思え。 at 11:27
軍事機密はしかたない。敵..
by 神前訪問 at 11:22
自国の防衛は自国軍で!掃..
by スイスに見習え at 11:15
ありがとうございます。ブ..
by takatanx at 23:00
貴方様のコメントはとても..
by 瀧澤 海斗 at 04:56
Nさん。いつもありがとう..
by takatanx at 14:18
先日は子供達の教育、安全..
by 竜川地区中学保護者・N at 16:25
温泉の偉大さを高田県議が..
by 多田ゆうへい at 21:11
最新の記事
以前の記事
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
東京讃岐会館は香川県の大事な財産なので・・・
d0136506_1850366.jpg
1 東京讃岐会館周辺の再開発に伴う現在地での宿泊施設の設置の可能性
2 県展(香川県美術展覧会)の応募者・入場者の増に向けた取組み
3 県立ミュージアム特別展「クロスポイント/交差する視線 20の表現」に対する参加アーティストや見学者の反応
4 街角アートパフォーマンス活動に対する支援

権利床は6000㎡なのに600㎡と間違って質問してしまいました(-_-)
# by takatanx | 2017-07-30 18:52 | 県議会 | Trackback | Comments(0)
初めてパネル使用が許されました
パネル利用が認められたので、使ってみましたが、この解像度ではやっぱり見えないなぁ
原付の右折問題はマニアックだったかも。

2017年6月議会総務委員会(総務・警察)
1 職員の労働時間短縮に向けた夏季期間における取組み等
2 原動機付自転車の二段階右折の定着状況と理解度
# by takatanx | 2017-07-29 09:05 | 県議会 | Trackback | Comments(0)
建設職人基本法に対する県の認識は薄いなぁ
6月議会の一般質問です。


1 河川整備計画
2 職人や技能者など技術の継承と人材不足
3 瀬戸大橋の利用促進と観光資源
4 種子法の廃止による影響
5 担い手への農地集積
6 いじめ防止
# by takatanx | 2017-07-28 18:45 | 県議会 | Trackback | Comments(0)
種子法の廃止で香川県としてどうする
県議会開会中です。
経済委員会でも「種子法の廃止」が議論になりましたが、県はあまり重要視していないように感じました。そこで10日の一般質問で下記のとおり、聞いてみたいと思います。県はいい答えください。


*********************************

d0136506_8562239.jpg種子法の廃止による影響についてお聞きします。

戦前から戦後にかけて食糧難を経験した日本が、「食料を確保するためには種子が大事」ということを、我が国の主権を取り戻すことと同時に取り組み、その結果、サンフランシスコ講和条約発効の翌月、1952年5月、種子法は制定されました。ここには「二度と国民を飢えさせない」「国民に食糧を供給する責任を負う」という当時の政府の明確な意思がありました。具体的には都道府県に対して、基礎食料の稲、麦、大豆について、優れた特性を持つ品種を奨励品種に指定し、種子を生産・普及させることを義務付けました。

このことで、各地域のそれぞれの条件に適合した品種育成、奨励品種普及など、地域の農業振興に大きく寄与してきたと思います。そこで、この種子法が今まで本県農業にどのような役割を果たしてきたと考えておられるか、お聞かせいただきたいと思います。

しかし、種子法は先の通常国会で廃止され、政府の言い分は「県が開発した品種に公費を投入して奨励品種として普及させていることが、民間の種子開発参入を阻害している」ということでした。

お米の食味ランキングで「特A」を獲得した「おいでまい」も香川県の奨励品種で、これは生産者と行政の努力の成果です。これから、香川県として「おいでまい」の作付けを3千haまで拡大し、担い手だけでなく、多くの農家が高品質な米を生産できるように取り組もうとしている中、政府の言い分はこの努力に冷や水をかけるものだと思いますが、本県の種子法廃止についてのスタンスをお聞かせください。

県農業試験場では、優良な種子を確保するため、奨励品種の原原種の養成を行うとともに、採種ほへ供給する原種の生産を行っています。採種ほでは、別の品種が混入するのを防止するため、採種する田んぼと一般栽培する田んぼとを分け、工程ごとに厳しく管理します。穂が出てから再度審査を受け、適切な田んぼのみが合格し、収穫の許可が出ます。刈り取りも専用の機械を用意して、最後まで別の品種のおコメが混ざらないように管理されます。合格した種籾のみが流通を許されます。そしてこの種籾が、各農家に販売されたり、各地域にあるJA育苗センターでの育苗に使われたりするという現在の流れです。

私は、多くの人手と費用が必要な原種及び原原種の生産などを行ってきた、県農業試験場等は、極めて重要な役割だと思います。そして、種子法を根拠に育種費用も財政的に確保されてきたと思います。また、今年の1月の新聞記事だったと思いますが、前宮下農業試験場長のインタビュー記事で、「今後は、おいでまいよりさらに高温に強く、病害抵抗性を持つ後継品種の育成に取り組んでいく必要があると考えている。育種の効率化を図るため、DNAマーカーを利用した選抜方法を開発している。」と報道されました。

DNAマーカー選抜が、どのような技術なのかは知りませんが、種子法の主役は都道府県だと思います。にもかかわらず都道府県の意見など一切聞かずに廃止されました。今回この種子法という根拠法を失ったことで、いま申し上げたような新品種の開発や今まで責任ある立場で普及や開発、供給を担っていた県の取り組みが継続されるのか懸念を持つところですが、その心配は全くないのでしょうか、お聞かせください。

関連して、これも先日の通常国会で成立した「農業競争力強化支援法」ですが、「都道府県が有する種子生産に関する知見の民間事業者への提供を促進する」との規定があり大変不安です。例えば民間事業者から本県に原種・原原種に関する情報の移転を求められれば、どのように対応されるのでしょうか。当然拒否すべきものですが、本当に拒否ができるのでしょうか。県の見解をお聞かせください。これは、知的財産、特許の流出にもつながるだけでなく、多国籍の穀物メジャーによる種子の独占にもつながりかねないと思います。食料を支配されないためにも、この種子法に代わる「種子を守るための法律」の制定を国に対し求めるべきと思いますがいかがお考えでしょうか。
d0136506_8555211.png

# by takatanx | 2017-07-07 08:59 | 県議会 | Trackback | Comments(0)
安倍農政で農業が破壊される
d0136506_11205272.jpg通常国会が閉会しました。「共謀罪」や「もり・かけ」の陰に隠れ、殆ど報道されませんでしたが、8本の農業改革関連法も成立しました。国際競争力の強化の名のもと、農地の大規模化や担い手集積の加速化など、「安倍農政改革」の一応の仕上げと言えます。

農家一戸当たり農地面積は、EUが日本の10倍、米国は100倍、オーストラリアは1800倍です。この現実を無視し、「頑張れば他国の農産物に勝てる」との幻想を振りまき、「農業を成長産業にするために、減反の廃止を決定した」と安倍首相は言いました。戸別所得補償制度も減反と同時に来年度に廃止です。d0136506_11225144.gif



右図のように農業所得が年々減少する中、所得補償をなくして、減反を廃止すれば、農家は生産量を増やして収入の拡大を図ろうと普通は考えます。そうなると米が余って米価が下落します。結果、補助のなくなった小規模農家は米作からの撤退を余儀なくされます。家族農業、兼業農家へ「早く離農しろ」と言っていると同じ、これは脅しです。

効率の悪い小規模農家の方には農家をやめていただいて、「担い手」と言われる方々にお任せしなさいということ、農業に対する補助金は「担い手」に絞られ、「担い手(認定農業者・農業法人・集落営農)」だけが農業を続けます。

安倍首相の「農業を成長産業にする」というのは、小規模農家は消滅させるということです。これで政府目標の「食料自給率を2025年には45%」に上昇はあり得ません。

「2023年までに農業所得を倍増させる」と言った安倍首相、どう責任を取ってくれるのでしょう。
# by takatanx | 2017-06-20 11:28 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
「種子法の撤廃」は日本農業終焉の始まり
今国会で稲、麦、大豆の種子の生産や普及を都道府県に義務付ける主要農作物種子法(種子法)を廃止する法案が議論されています。d0136506_8175632.jpg

種子法によって、都道府県が、優れた特性を持つ品種を奨励品種に指定し、種子を生産することを義務付けています。今回、お米の食味ランキングで「特A」を獲得した「おいでまい」も香川県の奨励品種で、これは生産者と行政の努力の成果です。

しかし政府は、「県が開発した品種に公費を投入して普及させていることが、民間の種子開発参入を阻害している」として、同法を廃止しようとしています。これから、香川県として「おいでまい」の作付けを3千haまで拡大し、担い手だけでなく、多くの農家が高品質な米を生産できるように取り組もうとしている中、政府の言い分はこの努力に冷や水をかけるものです。
d0136506_8204615.jpg
そして政府は、水稲でいえば三井化学の開発した「みつひかり」のようなF1種(自家採種できない1代限りの種)を後押ししています。コシヒカリの2倍の収量があると言われる「ハイブリッド米」で、農家の経営安定につながるとしています。ここ4~50年で野菜はほとんどF1種になりました。ホームセンターや種苗店で売っている種はすべて「〇〇交配」と言われるF1種です。
d0136506_8244124.png
また、世界的にも種子はモンサントなど穀物メジャーと言われる多国籍企業が牛っています。ですから種子法廃止は、外資の多国籍企業による種の独占につながりかねず、日本の農業の終焉の始まりを許してはなりません。
# by takatanx | 2017-03-29 08:29 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
「働き方改革」これは信用できないなぁ( ̄ー ̄)
昨年末の電通事件をはじめ、ブラック企業と言われるところだけでなく、大手企業や公務職場を問わず長時間労働による、過労死・過労自殺は枚挙に暇なく起こっていることが問題になりました。このような労働実態にした責任は、企業だけの問題ではなく、政治に大きな責任があります。
d0136506_14424990.jpg
それが、おかしな話です。
「『働き方改革』の2つの柱は、長時間労働の是正と同一労働同一賃金の実現であり、日本の企業や暮らし方の文化を変えることだ」これ、連合が言っているのではなくて、安倍首相が言っているのですから、理解しがたいですね。d0136506_14363819.jpg
政府は「働き方改革実行計画」を3月末に取りまとめるといっていますが、全く期待できないどころか、「時間外上限を月100時間」「管理職などを適用除外」などの政府の方針は、「100時間まで働かせてもよい」「名ばかり管理職の増加」につながり、「働き方改悪」そのものです。また、同一労働同一賃金に向け「「正社員と非正規の間で『昇給や賞与、各種手当』で差を設けることを認めない」としていますが、正規社員化への道筋は閉ざされたままです。
今まで労働者派遣の規制を大幅に緩和した派遣法の改悪を行い、例外的であった派遣労働が例外でなくなり、不安定な労働者を増やしてきたのは政府の責任です。そして働いた時間と関係なく働いたとみなされる「裁量労働制」で「残業代ゼロ法案」の成立を目指しているような政府を私たちは信用できるはずはないでしょう。
# by takatanx | 2017-02-20 14:49 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
罪を犯す前に共謀罪で処罰?
4度目の正直ということでしょうか、「共謀罪法案」は、今まで3回も廃案になっているにもかかわらず、この通常国会で「テロ等準備罪法案」に看板を付け替え、早期成立を目指すようです。
実は、この法案の露払いとして制定された「特定秘密保護法」で共謀罪が規定され「改正盗聴法」で共謀者を探知するというように法的には既にこの内容は確立されています。その上に今回、「東京五輪に向けたテロ対策」として上程することで、国民が反対できないように外堀を埋められた感があります。
しかし、共謀を処罰するという法案の法的性質は何ら変わっておらず、法文にある「組織的犯罪集団」も「準備行為」も「テロ」も定義があいまいで、適用範囲が十分に限定されたと見ることはできません。依然として、幅広い解釈が可能になり、捜査機関の恣意的な運用によって基本的人権が侵害される危険性は変わりません。「一般の方々が対象になることはあり得ない」などと金田法務大臣は説明しましたが、特定秘密保護法と同じく、一般の市民団体や労働組合等も対象になることも強く懸念されます。内心や思想を理由に処罰されるとの不安も払拭されていません。
まさにこれは、テロ対策やオリンピックに名を借りた、監視・弾圧立法に他なりません。
d0136506_135849.jpg

# by takatanx | 2017-01-23 01:36 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
今年はいいことある!絶対に( `ー´)ノ
あけましておめでとうございます。
今年は、ロシア革命100周年です。
合わせて、大政奉還150周年、西南戦争140周年、東京電燈が送電を開始して130周年、向坂逸郎生誕120周年、赤玉ポートワイン発売110周年、保井コノが女性初の博士号を取得して90周年、人民戦線事件80周年、日本国憲法施行70周年、南極越冬隊が南極へ初上陸して60周年、美濃部知事が誕生して50周年、キャンデーズが「普通の女の子に戻りたい」と宣言して40周年、ブラックマンデーから30周年、香港返還20周年、安倍総理が腹痛で退陣して10周年です。
本年もよろしくお願いします。
d0136506_220137.jpg

↑市外用
d0136506_21574616.jpg

↑市内用
# by takatanx | 2017-01-03 22:01 | 殆ど独り言 | Trackback | Comments(0)
カジノは不健全な経済
d0136506_2251325.jpgカジノでお金が使われると、お金が回り景気が良くなり、雇用や交流人口の増大し、経済効果は絶大なんだそうです。でもそうでしょうか、ギャンブル(カジノ)は、誰かが稼ぐと誰かが損をすることになります。幾ら大きなお金が動いても、新たな価値を一切生産しません。ですから、それで景気が一時的によくなってもそれは不健全な経済・社会と言わざるを得ません。

賛成派は、競馬や競艇などで行政が利益を上げ、自治体の収入に貢献しているし、パチンコ、パチスロなどは20兆円産業と言われ、換金に対しても警察は取り締まらない、こんなギャンブル大国の日本で、今さらカジノに反対するのはおかしいと言います。

d0136506_2262261.jpg

私はそう考えません。ギャンブル大国の日本だから、諸外国に比べ、ギャンブル依存者が多く、ギャンブルでの多重債務者や家庭崩壊に追い込まれる人が多いわけです。この状況でのカジノ解禁は、「どうせを同じ」でなく、賭博依存への対応に支払う社会的・経済的コストが、今以上に大きくなるということです。


刑法で賭博行為を禁止している理由に最高裁は「怠惰浪費の弊風を生ぜしめる」「健康で文化的な社会の基礎を成す勤労の美風を害する」「暴行・脅迫・殺傷・強窃盗その他副次的犯罪を誘発する」そして「国民経済の機能に重大な障害を与える恐れ」と根拠づけています。
d0136506_221198.jpg
まさにその通りだと思います。現在の公営ギャンブル含めて、ギャンブル大国と言われる我が国の状況を問題にすべきで「カジノ法案」などもってのほかだと思います。
# by takatanx | 2016-12-13 22:14 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
トランプ次期大統領をどう見る
トランプ氏が米大統領選挙で勝利した。予想外の結果と言えるだろう。「偉大な米国を取り戻す」と扇動的に訴えかけるやり方は、ポピュリズム選挙であったことは間違いない。でもそのことは多くの米国民も見抜いていたはずなのに、この結果なのだ。
d0136506_21401715.jpg

トランプ氏が米国をどこに導こうとしているのか、まだそれが理解できる情報はない。ただ、選挙中の過激な政策から、少しずつ修正を図るかのような発言が聞かれるようにもなった。反対だった「医療保険制度改革」は、「一部存続」を示唆し、メキシコ国境の壁建設は「一部はフェンスで代用」と語った。日本の核武装を容認する趣旨の発言には「そんなことは言っていない」だ。

しかし、外国製品の流入を招き労働者から職場を奪うという考え方から、TPP協定は「アメリカを犠牲にして日本が大きな利益を得る」として反対の姿勢は変わっていない。これで「TPPが潰れて良かった」ではなくて、日米貿易において、ますます厳しい条件が付きつけられる可能性が高くなったと見るべきだ。そして在日米軍に対し日本が駐留経費の負担を大幅に増額させられる可能性や、アメリカの戦争に日本がより巻き込まれ肩代わりさせられる危険性も払拭できない。
d0136506_21405036.jpg

米国で連日、トランプ氏への抗議デモが続く。それも民主主義だ。我が国のリーダーは早速訪米して一体短時間で何を会談して確信したのか「トランプ氏は信頼できるリーダー」とまで言うとは、礼儀を通り越して、米国従属姿勢の表れと思ったのは私だけではないと思う。米国はパリ協定はどうするんでしょうね。
# by takatanx | 2016-11-19 21:43 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
なぜ急ぐTPP
TPPは署名から2年以内に全参加国が承認の国内手続きを終えた場合、あるいは、参加12か国のGDPの85%以上を占める少なくとも6か国が手続くを終えていれば発効します。我が国では4月の国会審議で情報開示などを巡り、審議が中断し、その後も政府は情報開示をしていません。逆にその後、協定の関連文書の誤訳や脱落も見つかりました。このような状況の中で山本農水大臣は「TPP協定承認議案を強行採決するかどするかどうかは議運委員長が決める」などと、強行採決ありきの発言し、国会は一時空転しました。
d0136506_2091299.jpg

これは国会承認を急げば、アベノミクス批判をかわすことができると踏む、安倍政権の本音が出たということです。
d0136506_20144835.jpg

しかし、協定は参加国のGDPの85%以上、即ち米国が批准しない限り発効しませんから、多くの協定参加国は米国の動きを見極める姿勢です。11月の米大統領選では民主党クリントン候補、共和党トランプ候補共に反対の姿勢なのは周知の事実だし、米国は「再協議を求める」などの付帯決議付きの批准ということも大いに考えられます。
d0136506_20185396.jpg

関税撤廃は農林水産物の8割、国会決議で「聖域」とした重要5品目でも3割に上ります。批准した後で、疑念や問題が生じても、これら条件を覆すことはできません。政府は交渉過程も含めて情報を開示すべきです。米国の状況を見ても時間は十分あります。
# by takatanx | 2016-10-22 20:20 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
陸自隊員を戦闘に参加させてはいけない
政府は、11月から南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する陸自部隊に、安保法制で可能になった「駆けつけ警護」の任務を付与する方向だそうです。「駆けつけ警護」とは「PKO活動を行う自衛隊員が、離れた場所で襲撃を受けた他国軍やNGO職員の救援に向かうこと」としています。つまり、「駆けつけ警護」を命じられた陸自隊員は、武装集団から襲撃を受けている他国の組織を守るため、武器をもって救援に行くということです。
d0136506_9372575.jpg

昨年の安保法制の国会審議で安倍首相は、自衛隊が戦争に巻き込まれない根拠として「戦闘が起きれば、ただちに部隊の責任者の判断で一時中止、あるいは退避する」と答弁を繰り返していたと思います。しかし「駆けつけ警護」は、襲撃を受けている組織を助けに行くのですから、自衛隊員は戦闘になれば逃げられません。これは自衛隊員たちの「死」が現実味を帯び、敵を殺す可能性もありえるということです。

南スーダンの治安状態は極めて悪く、PKO基地もしばしば襲われ、多数の死傷者を出し続けています。これで自衛隊員が戦死した場合、「9条の制約で身を守りきれなかったのだ。憲法を改正し、自衛隊を軍隊に昇格させればこのようなことは起きない」ということを今の政府なら言いかねません。それは、おそろしいことです。
# by takatanx | 2016-09-21 09:44 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
再稼働って・・・
四国電力伊方原子力発電所は、細長い半島に位置し、事故時には住民避難も収束作業も支援も困難な立地であることは、誰の目から見ても明らかです。でも再稼働しました。

住民避難計画では海を渡って大分などに避難するという計画です。尾根筋を走る一本の国道以外、道は細く険しく、事故に備えて進めている道路拡幅は未完成のままです。地震が起きたら道は寸断される可能性が高く、港まで避難できないことを住民は知っています。でも再稼働しました。

原発は険しい半島の岩場を切り崩して、埋め立てて造りました。敷地に余裕はありません。福島のような高濃度汚染水問題が起きても、保管するためのタンクの置き場も確保できません。でも再稼働しました。

四月の熊本地震は、九州から四国を通って本州に至る活断層「中央構造線断層帯」に沿って発生しました。この同じ線上にある伊方原発に対して、住民からますます不安が広がっているのは当然です。でも再稼働しました。

暑い日が続く中でも四国の電力需給は安定しており、無理をしてまで原発を動かす大義は見当たりません。でも再稼働しました。

d0136506_23181772.jpg
「新規制基準を満たせば、事故はある程度で止まる」そんな危うい仮定など、信じられる訳がありません。
# by takatanx | 2016-08-22 23:19 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
山下副委員長は中学の1年先輩、お互いの連れ合いは同級生(^^;)
夏号を発行しました
d0136506_22535277.jpg

d0136506_22542080.jpg

# by takatanx | 2016-06-09 22:59 | 知ってほしいぞ | Trackback | Comments(0)