社民党香川県連合 代表 高田よしのり
takatanx.exblog.jp

ときどき報告しています。コメントは、字数が限られています。長文になるようでしたら、takata@sky.bbexcite.jp  までお願いします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
高田よしのりのツイッター
最新のコメント
私の地区でも、自治会の班..
by かいいん at 18:29
たいへんでしたね。市の下..
by takatanx at 23:18
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:55
宇都宮さんのような 質..
by 政治は分かりません。 at 20:41
rein310様コメント..
by takatanx at 00:33
アメリカの平和、日本の平..
by rain310 at 00:04
井上さん。お久しぶりです..
by takatanx at 22:10
よんなんさん、お久しぶり..
by 井上勝博 at 02:12
昨年の6月頃だとは思いま..
by takatanx at 23:32
これって、昨年の何月に植..
by 芝生おやじ at 08:33
「人を見たら泥棒と思え」..
by takatanx at 21:56
久しぶりにコメントをいた..
by takatanx at 21:56
社民党がいうほど善意にあ..
by 人を見たら泥棒と思え。 at 11:27
軍事機密はしかたない。敵..
by 神前訪問 at 11:22
自国の防衛は自国軍で!掃..
by スイスに見習え at 11:15
ありがとうございます。ブ..
by takatanx at 23:00
貴方様のコメントはとても..
by 瀧澤 海斗 at 04:56
Nさん。いつもありがとう..
by takatanx at 14:18
先日は子供達の教育、安全..
by 竜川地区中学保護者・N at 16:25
温泉の偉大さを高田県議が..
by 多田ゆうへい at 21:11
最新の記事
以前の記事
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ミサイル防衛の夢想
長文です<(_ _)>
先日閣議決定された中期防には「ペトリオットの更なる能力向上を図る。弾道ミサイル防衛用能力向上型迎撃ミサイル(SM-3ブロックⅡA)に関する日米共同開発を引き続き推進する」「日米間の適切な役割分担に基づき、日米同盟全体の抑止力の強化のため、我が国自身の抑止・対処能力の強化を図るよう、弾道ミサイル発射手段等に対する対応能力の在り方についても検討の上、必要な措置を講ずる」とあります。

多くの方が「他国からの弾道ミサイルを迎撃するのだから攻撃ではなく防衛、我が国を守るため、ミサイル防衛システムは必要」と考えていらっしゃるようです。d0136506_14484138.gif

現在のシステムでいうと、もし我が国に向けて弾道ミサイルが1発発射されれば、イージス艦からスタンダードミサイル(SM3)ミサイルを2発発射し、打ち漏らしたらパトリオットミサイル(PAC3)が配備されている場所なら、そこから2発撃てば90%以上破壊可能といいます。百歩譲ってそのとおりだとしても、10%は迎撃できないし、相手が複数発射すればお手上げになります。もっと言えばPAC3は全国に配備されていません。また核ミサイルならば、1発でも突破されれば失敗です。

首都圏、東海、近畿、九州等に配備されているパトリオットミサイル(PAC3)は国土を防衛するためのミサイルと勘違いされている方が多くいます。PAC3は射程距離が20~30㎞程度しかなく1兆円近くかけても、守れるのは国土の1%程度に過ぎないと考えられます。ですからPAC3という迎撃ミサイルは国土防衛するためではなく、基地(軍)を守るもので、武器や兵士を守っても国民を守ることは出来ません。d0136506_14503069.jpg全国土を防衛するには、おそらく数百兆円もの予算が必要になり、それこそありえません。ですから、ミサイル防衛という核攻撃の危険に対する技術的解決策は、技術的にも軍縮に向けてもあり得ない夢想であり、資金と科学的専門知識の地球的浪費としか言いようがありません。

しかし、今回の中期防は、このシステムを強化しようとするものです。
まず、イージス艦の増配備と「ブロックⅡA」という最新システムへの移行です。我が国のイージス艦は今まで「ブロックⅠA」というシステムでした。具体的に言えば「準中距離弾道ミサイル(テポドン1号)」レベルまでしか迎撃能力がなかったシステムを「中距離弾道ミサイル(テポドン2号)」を迎撃できるレベルにまで向上させるということ、もっと分かりやすく言えば、朝鮮半島から我が国を狙った弾道ミサイルだけでなく、グアム、さらにはハワイを狙ったミサイルも迎撃できるようにするということです。d0136506_1453415.jpgあわせて、もうひとつ危険な流れは「地上配備型のスタンダードミサイル」の検討がされているようです。我が国に配備するとしたら、我が国を飛び越えていく弾道ミサイルを撃ち落とすものになりますから、確実に我が国を守るものではなく、アメリカを守るもの、集団的自衛権の行使そのものです。
そして「弾道ミサイル発射手段等に対する対応能力の在り方についても検討」とは、敵基地攻撃能力の保有の検討を意味していることは、小野寺防衛大臣の会見でも明らかになっています。
今後、この中身についてブログで少しずつ感想を述べたいと思いますが、中期防衛力整備計画(平成26~30年度)は、民主党政権時に策定され平成27年度までの計画であったものは、不十分として、後2年待てずに新たな計画として策定されたものです。
ざっと見ても、イージス艦を6隻体制から2隻(当然最新のミサイル付き)増やして8隻体制に、新たにオスプレイ17機、無人偵察機(グローバルホーク)3機、水陸両用車52機、他に大砲を備え軽量で空輸ができる「機動戦闘車」を99両、最新鋭ステルス戦闘機(F-35)を28機、空中で給油できる輸送機3機などなど、5年間で24兆6700億円だそうです。
d0136506_14555713.jpg
税金はアメリカのためでなく国民のために使ってください。
by takatanx | 2013-12-23 14:58 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takatanx.exblog.jp/tb/20137638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。