社民党香川県連合 代表 高田よしのり
takatanx.exblog.jp

ときどき報告しています。コメントは、字数が限られています。長文になるようでしたら、takata@sky.bbexcite.jp  までお願いします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
高田よしのりのツイッター
最新のコメント
私の地区でも、自治会の班..
by かいいん at 18:29
たいへんでしたね。市の下..
by takatanx at 23:18
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:55
宇都宮さんのような 質..
by 政治は分かりません。 at 20:41
rein310様コメント..
by takatanx at 00:33
アメリカの平和、日本の平..
by rain310 at 00:04
井上さん。お久しぶりです..
by takatanx at 22:10
よんなんさん、お久しぶり..
by 井上勝博 at 02:12
昨年の6月頃だとは思いま..
by takatanx at 23:32
これって、昨年の何月に植..
by 芝生おやじ at 08:33
「人を見たら泥棒と思え」..
by takatanx at 21:56
久しぶりにコメントをいた..
by takatanx at 21:56
社民党がいうほど善意にあ..
by 人を見たら泥棒と思え。 at 11:27
軍事機密はしかたない。敵..
by 神前訪問 at 11:22
自国の防衛は自国軍で!掃..
by スイスに見習え at 11:15
ありがとうございます。ブ..
by takatanx at 23:00
貴方様のコメントはとても..
by 瀧澤 海斗 at 04:56
Nさん。いつもありがとう..
by takatanx at 14:18
先日は子供達の教育、安全..
by 竜川地区中学保護者・N at 16:25
温泉の偉大さを高田県議が..
by 多田ゆうへい at 21:11
最新の記事
以前の記事
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:政治活動らしきモノ( 176 )
A3カラービラ完成です
d0136506_20153021.jpg

d0136506_20154913.jpg


昨夜の新年会をキャンセルして、一晩(徹夜して)で完成させました(;'∀')
by takatanx | 2016-01-12 20:18 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
二十四の瞳に学ぶ平和トーク
が小豆島町「サンオリーブ」ホールで開催されました。
d0136506_23325872.jpg
d0136506_23332411.jpg
福島副党首、根本四国学院大学名誉教授、塩田小豆島町長等がパネラーですから、政治的には中立の取り組みとして、500人もの方が参加しました。みなさん、二十四の瞳の内容に関連して平和を訴え、なるべく政治論争を避けようとしていましたが、国会で戦争法案が審議されているところですから、その議論を避けることは困難です。「安保法制は戦争を回避するものとして、政府は提案している」と言ったパネラーの方、二十四の瞳から、何を学んだのか私は分かりませんでした。
行きのフェリーでのツーショットです。
d0136506_23435186.jpg

by takatanx | 2015-07-05 23:44 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
竜川地区環境推進連合会研修会
で10年ぶりに未来クルパーク21の内部に潜入しました。実は私の自宅から徒歩10分の場所にあって、身近な施設です。
この施設は20数億円かけて、私が市議のときに市が整備されました。
d0136506_23313697.jpg
「リサイクル先進都市善通寺市」のシンボリックな施設として完成当時は市内外から、多くの方が訪れていたような記憶があります。しかし、あれから10数年、何か(自分自身では)忘れられた存在のようになってしまいました。
d0136506_23395499.jpg
とは言っても、環境を守ることは、一人ひとりの地道な活動の積み重ねです。善通寺市でのごみの再資源化のための分別収集は市民の協力で成り立っています。これだけ市民が協力している自治体は全国でも私は知りません。
by takatanx | 2015-02-05 23:45 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
旗開き
各組織が始動しました。闘いの始動です。荊冠旗は殉教(荊冠)と希望(星)と闘い(赤)、命と権利を守る闘いです。今年は憲法が危ない、集団的自衛権、戦争が出来る国にしてはならない闘いの正念場です。総選挙で御推薦をいただいた、部落解放同盟香川県連合会であいさつをさせていただきました。
d0136506_21351995.jpg
そして、香川県平和労組会議の旗びらきに出席するため、丸亀から高松まで車を飛ばしました。
d0136506_21382132.jpg
駆けつけすぐに、総選挙のお礼と今後の決意を述べさせていただきました(^.^)
by takatanx | 2015-01-06 21:40 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
明日まで
このビラを配布できますが、明後日の公示日の朝「郵便受けに入っていた」ということになるとややこしいことになるので、今日で配りきることになっています。
d0136506_802379.jpg
選挙への事前準備もたった2週間でしたが、優秀なスタッフの元、本番に向けた態勢は整いつつあります。私自身も連日、早朝よりあいさつ回りを行い、今日も神社の掃除をされている皆さんのところに来ました。時間が全く足らないと感じていますがやりきるしかありません。
d0136506_843781.jpg
どうでもいいことですが、私が子どもの頃、この神社の社務所で善通寺市長選挙の個人演説会が開催されました。そこに当時の社会党書記長の江田三郎さんが応援弁士として来ていただいたことを思い出しました。
by takatanx | 2014-11-30 08:08 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
若き官僚
全日本農民組合連合会として、林農水大臣に提出していた「要請書」の回答および質疑応答が、霞が関の農水省行われ、私も出席しました。
d0136506_9111374.jpg
回答し説明をしていただいたのは農水省の「若き官僚」たちでした。課長補佐級を中心に19人も出席をいただき、担当ごとに説明をいただきました。
d0136506_9135936.jpg
TPP、農政改革、定住促進策、酪農畜産対策、鳥獣害対策など私たちの要請に対する回答は、彼(女)らが現実の「国会答弁」を執筆していますから、得意とするところでしょう。たとえ農水省として「国会の練習」かもしれませんが、これだけの対応を現在でもしていただける「全日農」も捨てたもんじゃありませんね。
by takatanx | 2014-06-11 09:23 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
一瞬福岡へ
昨日は、福岡での18時からの会議に呼んでいただき、一席しゃべらせていただき、福岡で久しぶりに泊まりましたが、今日13時からの善通寺での総会(中央婦人会)に間に合うように、とんぼ返りでした。「海の中道」とか、いったことないなぁ。

でも、昨夜は渕上貞雄さんと楽しいひと時を過ごさせていただきました。久しぶりの「渕上節」を聞かせていただきました(^◇^)
d0136506_2271073.jpg
人前でしゃべる時は、カッコつけてしゃべってしまうので、かなりデフォルメされています。その上、香川の自慢話ばかりだなぁ
d0136506_22572750.jpg
福岡市議会議員の、池田良子さんが写真を撮ってくれました。ありがとうございました。
by takatanx | 2014-03-29 22:07 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
NO NUKES 3.10香川県集会
で基調(課題)の提案をしました。
d0136506_21554754.jpg

提案した内容を要約すると、
東京電力福島第一原子力発電所の事故による避難者は約13万人。その内、年間50ミリシーベルトを超える、帰還困難区域からは2万5千人。国は事故以来、避難者は全員帰還させると言っていましたが、この2万5千人には、故郷へ帰ることを諦めてもらい、移住を勧めている。生きているうちには帰れないということ、2万5千人には故郷がなくなったという、悲しい現実。逆に、年間20ミリシーベルト以下の、避難指示解除準備区域からの避難者は、3万4千人。国はこの3万4千人に、住民の早期帰還を進めている。しかし、住民自身は年間20ミリシーベルト以下と言えども、一般地域に比べて、現在でも桁違いに高い放射線量であり、放射能の恐怖から、帰れと言われても帰れないのは当然で、早期帰還の見通しは立っていない。
計画通り、除染作業が進んでいないこともある。もとより、その現実は除染ではなく、移染で、その効果は、疑問。具体的に、この除染作業というのは、指定された除染範囲のすべての表土をはぎ取り、袋に詰めるという気の遠くなるような作業。
何万人もの作業員がこのために雇われ、その作業をしている。袋に詰めた汚染された土は、持って行くところもなく、仮置き場として、現在も道路沿いなどに無数に並べられている。そして、いくら表土をはぎ取っても、雨が降れば、もっと汚染された土砂が、せっかく除染したところに流れ込んできて、意味のない作業。まして山林は、ほとんど除染しないから、いくらでも汚染された土砂は雨のたびに流出。
この除染作業を請け負っている業者が、政府の支給する危険手当を作業員に支払わず着服するという問題。除染作業が住民のためではなく、権益に群がる企業と、人として扱われない労働者をつくりだす。
もはや政府は福島の現実から政府は逃げることができないはずであり、そのために政府は本気で取り組み、最善を尽くさなくてはならないはず。
そんな状況の中、先月25日に政府は新しい「エネルギー基本計画」の原案を発表。しかし、その内容は、これまでと変わらず原子力への依存を肯定した、まるで震災・原発事故などなかったかのような、まさに原発事故、福島の現状の何も学んでいない新「エネルギー基本計画」。政府は、「いつまでと期限を区切らず丁寧なプロセスを経てこの計画の閣議決定をしたい」と言うが、私たちは認めることはできない。
この計画で、原発は「重要なベースロード電源」と位置付け、原発再稼働を進める方針。 国会答弁などで原発再稼働に前向きな姿勢をにじませていた安倍首相の意向が色濃く反映されたもの。しかし、自民党は2012年の総選挙では「原子力に依存しない社会の確立」を公約に掲げたはず。明らかに公約に違反。TPPも公約違反、原発政策も公約違反を犯している。これを国民が許してはならない。
電力会社が再稼働に向け、原子力規制委に審査を申請した原発は10原発17基。四国電力が再稼働を目指す伊方原発について、共同通信が、四国4県の住民に行った世論調査では、原発を「不安」「やや不安」とした人は合計で86・9%。東北電力の女川原発を再稼働せず廃炉にするよう求める署名は10万筆を超え、宮城県に提出された。原発の再稼働は住民、そして国民は許していない。
廃炉技術も無く、核のゴミを増やすしかない原発を、あれだけの事故が起こったにも関わらず、いまだ政府は推進しようとしている。もしこれを許してしまったならば、未来の子どもたちの命を奪うことに等しいことと認識しなければならない。
再稼働を許さず、全ての原発の廃炉を求め粘り強くたたかい続けることを集会参加者全体で確認し、課題提起とする。
早速、昨日まで福島での県民大集会に参加していた小野平和労組会議副議長の報告です。
by takatanx | 2014-03-10 22:15 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
春闘
連合香川主催の「2014春季生活闘争勝利総決起集会に参加し、社民党を代表して挨拶をさせていただきました。
d0136506_22502633.jpg
この15年間で平均年収は60万円以上下がっています。これは私たちが春闘を闘っても下がり続けました。そして派遣労働や非正規の増加など労働環境はどんどん厳しくなり、非正規の多くを占める女性の賃金は男性正社員の50%で、差別的な状況は改善される方向も見えません。
社民党は、はたらく者の立場、労働者の代弁者として頑張ってきました。しかしこんな状況でなんです。本気で春闘を頑張らなくてはなりません。新聞報道では大手企業では、ベースアップを勝ち取り、あたかも「アベノミクス効果」のように宣伝されます。政府も「賃上げが必要」と言い、経済界に賃上げを要請するという、前代未聞の状況の中、今年の春闘は連合や組合の真価が問われていると言えます。
しかし、政府は「トリクルダウン」の理屈です。企業が儲かることで賃上げが出来るという理論です。私たちはその立場ではありません。会社が儲かっても内部留保に回し、賃上げをするとは限りません。私たちは、賃上げで消費が拡大し、内需拡大、景気の上昇により企業が利益を上げることにつながるという立場です。ですから賃上げは企業の業績よりも生活の実態からの要求であるべきです。
働く者の力を結集し、14春闘は大幅賃上げを勝ち取るため、社民党としても一緒に連帯し闘うことをお誓いします。

みたいな挨拶をしました。もっと勉強していればもっといいあいさつが出来たのになぁ・・・(^_^;)
by takatanx | 2014-03-05 23:17 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
まんのう町の社民党の灯
を絶やすわけにはいきません。現職の藤田昌大さんが4月のまんのう町議選挙に出馬します。出馬決定は遅れたけれど、あと1カ月ちょっと、全力で駆け抜けます。今日は応援行動です。
d0136506_2162970.jpg
藤田議員は「議会の見える化」に向けて頑張ってきました。町民が「議会で何が議論されているのか分からない状況」では、議会が町民の代弁者として信頼されるはずがないという持論です。町民に開かれた議会をめざして、「議会基本条例の制定」にこぎつけ、議会運営委員長、議会広報委員長を務めながら、この4年間で
(町議会だよりの発行)
2011年12月議会より発行され、現在10号を数えています。字も大きくなり、委員会の議論の内容が分かるようになりました。
(町民向け議会報告会を開催)
2011年11月に初めて開催され、現在までに5回、場所も6ヶ所に拡大され、町民の皆さんから意見が出やすいように「座談会」方式にしました。
(本会議の生放送、委員会の傍聴や日曜議会など)
d0136506_212891.jpg

2/25の四国新聞にも取り上げられましたが、まだまだ議会改革は道半ばです。まだまだ藤田昌大さんは頑張り続けます。
by takatanx | 2014-03-03 02:19 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)