社民党香川県連合 代表 高田よしのり
takatanx.exblog.jp

ときどき報告しています。コメントは、字数が限られています。長文になるようでしたら、takata@sky.bbexcite.jp  までお願いします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
高田よしのりのツイッター
最新のコメント
私の地区でも、自治会の班..
by かいいん at 18:29
たいへんでしたね。市の下..
by takatanx at 23:18
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:55
宇都宮さんのような 質..
by 政治は分かりません。 at 20:41
rein310様コメント..
by takatanx at 00:33
アメリカの平和、日本の平..
by rain310 at 00:04
井上さん。お久しぶりです..
by takatanx at 22:10
よんなんさん、お久しぶり..
by 井上勝博 at 02:12
昨年の6月頃だとは思いま..
by takatanx at 23:32
これって、昨年の何月に植..
by 芝生おやじ at 08:33
「人を見たら泥棒と思え」..
by takatanx at 21:56
久しぶりにコメントをいた..
by takatanx at 21:56
社民党がいうほど善意にあ..
by 人を見たら泥棒と思え。 at 11:27
軍事機密はしかたない。敵..
by 神前訪問 at 11:22
自国の防衛は自国軍で!掃..
by スイスに見習え at 11:15
ありがとうございます。ブ..
by takatanx at 23:00
貴方様のコメントはとても..
by 瀧澤 海斗 at 04:56
Nさん。いつもありがとう..
by takatanx at 14:18
先日は子供達の教育、安全..
by 竜川地区中学保護者・N at 16:25
温泉の偉大さを高田県議が..
by 多田ゆうへい at 21:11
最新の記事
以前の記事
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
リーフレット
 選挙必勝の基本は、「一人でも多くの人と対話し、握手をしてもらう」ことです。しかし、手ぶら(名刺程度)で訪問しても、忘れられてしまうと訪問した意味が薄れてしまいます。ですから、「チラシやリーフレット」をお渡しすることで忘れれられないようにすること、そして後援会に加入していただいて、今後の人間関係をしっかり作ることが大事だと言えます。
d0136506_13422114.jpg
リーフレットには「写真」「プロフィール」「公約」「あいさつ」「コピー」と、候補者主張の全てが掲載されるものです。
つまり、「会社案内」であり、「商品カタログ」です。立候補決定が遅くなったこともあり、やっと後援会加入用リーフレットができました。しっかり自分を売り込んでいきたいと思います。
by takatanx | 2015-01-27 13:47 | 地域活動 | Trackback | Comments(0)
集団的自衛権・農業・地元善通寺
の課題を知っていただきたく「政策レポート(ビラ)」を作成しました。
http://sp.qee.jp/pdf/taka1-4.pdf ←クリックでPDFファイルで全文見ることが出来ます
d0136506_10563545.jpg

by takatanx | 2015-01-23 10:59 | 知ってほしいぞ | Trackback | Comments(0)
1200人が結集、でも少数派
戦争をさせない香川県民大集会が「アルファあなぶき大ホール(香川県民ホール)」で開催され、一般の方も含めて、1200人が結集しました。
d0136506_12584299.jpg
代表委員の根本博愛四国学院大学名誉教授から、主催者としてあいさつされ、「現在は憲法最大の危機。安倍政権は世論を操作するのが大変上手だ。私たちは『だまされない、あきらめない』運動を進めよう」と提起。
d0136506_1332331.jpg
小室等さんからは歌を交えながら「私たちは現在は少数派だが、自信を持って訴えていこう」とのメッセージが伝わるものでした。
私も参加議員紹介でマイクを持たせていただきましたが、その時に「今は私たちは少数派かもしれない。でも真理は常に少数派から始まる。未来の常識は現在の常識とは違うはず。私たちの少数派から多数派を目指しての活動が未来の方向性を変える。だまされない。あきらめない運動をともに頑張ろう」と訴えさせていただきました。集会そしてコンサートの後はデモ行進で県民に訴えました。今回は党や労組関係者だけでなく、一般市民の方も多くの方が参加していただきました。デモ解散地点では日本音楽協議会香川県支部の皆さんの「うたごえ」でした。
by takatanx | 2015-01-14 13:16 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
私鉄香川県連交通政策議員懇談会
が、私鉄県連定期大会の前段に設立されました。
d0136506_1646015.jpg
一昨年11月に成立した「交通政策基本法」を各自治体で具現化するための計画を作らせていく取り組みが重要と確認しました。そのための、自治体議員の必勝が今回の当面の方針です。
by takatanx | 2015-01-09 16:53 | 政治的話題 | Trackback | Comments(0)
旗開き
各組織が始動しました。闘いの始動です。荊冠旗は殉教(荊冠)と希望(星)と闘い(赤)、命と権利を守る闘いです。今年は憲法が危ない、集団的自衛権、戦争が出来る国にしてはならない闘いの正念場です。総選挙で御推薦をいただいた、部落解放同盟香川県連合会であいさつをさせていただきました。
d0136506_21351995.jpg
そして、香川県平和労組会議の旗びらきに出席するため、丸亀から高松まで車を飛ばしました。
d0136506_21382132.jpg
駆けつけすぐに、総選挙のお礼と今後の決意を述べさせていただきました(^.^)
by takatanx | 2015-01-06 21:40 | 政治活動らしきモノ | Trackback | Comments(0)
戦後70年
あけましておめでとうございます。

今年は、愛知万博10年、阪神淡路大震災・地下鉄サリン事件20年、日航機123便墜落・つくば科学万博30年、サイゴン陥落・沖縄海洋博40年、日韓基本条約50年、社会党再統一60年、敗戦(ポツダム宣言受諾)70年、フランス人民戦線80年、日ソ基本条約90年、飛鳥田一雄生誕100年、ポーツマス条約110年、下関条約120年、天津条約130年、樺太千島交換条約140年、南北戦争終結・リンカーン暗殺150年、下田(日露和親)条約160年、ウイーン議定書200年、長崎新令(これはよう知りません)300年、大坂夏の陣400年、マグナカルタ制定800年・・・です。
d0136506_18251851.jpg
このなかでも気になるのが、戦後70年の節目の年だということです。どうも安倍首相は「積極的平和主義や国際貢献のメッセージを世界に表明したい」「未来に向けた談話を出していきたい」とTV番組等で言い「戦後70年談話」に意欲を見せているようです。
現在も政府の立場は20年前の「村山(戦後50年)談話」を踏襲しているはずですし、安倍首相自身「戦後70年談話」も過去の談話の精神を継承すると言っています。もちろん、過去の談話を否定したり、真っ向から塗り替えたものは出さないとは思いますが、ジワリジワリと「茹でガエル的」に私たち国民を操ろうとしていると見なければならないし、しっかりと国民が危険な流れを見抜くことが必要だと思います。

d0136506_18443596.jpgそこで20年前の「村山(戦後50年)談話」を今一度見直してみました。おそらく肝の部分は
「・・・わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し・・・」
のところですね。初めて我が国の「アジアへの侵略」をテーマにすることのできた画期的な談話だったと思います。

また10年前の「小泉(戦後60年)談話」も検証すると意外にいい文章なんです。
「・・・我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。戦後我が国は・・・サンフランシスコ平和条約を受け入れて国際社会への復帰の第一歩を踏み出しました。いかなる問題も武力によらず平和的に解決するとの立場を貫き、・・・我が国の戦後の歴史は、まさに戦争への反省を行動で示した平和の六十年であります。・・・一衣帯水の間にある中国や韓国をはじめとするアジア諸国とは、ともに手を携えてこの地域の平和を維持し、発展を目指すことが必要だと考えます。過去を直視して、歴史を正しく認識し、アジア諸国との相互理解と信頼に基づいた未来志向の協力関係を構築していきたいと考えています。」
と当時小泉政権を批判していた私から見れば、意外なほど踏み込んだ内容なので、今になって驚いています。

今年もよろしくお願いします
by takatanx | 2015-01-02 18:28 | 知ってほしいぞ | Trackback | Comments(0)