人気ブログランキング |
香川県議会議員 高田よしのり
takatanx.exblog.jp

ときどき報告しています。コメントは、字数が限られています。長文になるようでしたら、takata@sky.bbexcite.jp  までお願いします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
高田よしのりのツイッター
最新のコメント
憲法はどこ言ったんだよ
by 竜 at 19:31
お前らが推進したゲーム条..
by 香川県民 at 19:09
今週明らかになった 条..
by たぬき at 11:03
ゲームを規制するなら大人..
by けんちゃ at 09:16
ゲームを規制するなら大人..
by けんちゃ at 09:16
ちとやりすぎではないです..
by ごまだれ at 23:37
外野である他県民からの意..
by あ at 12:50
昨今のソーシャルゲームへ..
by hoge at 06:25
子供の自由をなくしたらダ..
by 岡田 at 17:22
条例でそのようなプライベ..
by yamakichi at 02:16
2018年7月 会長 ..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:14
【 埼玉県警察福祉協会 ..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:13
 原発を保有する各社によ..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:13
原発40基、詳細点検せず..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:12
(2) 本件事実を認知し..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:11
1 使途不明金を知った経..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:11
12月6日 さいたま県..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:11
【 埼玉県警察学校 副校..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:10
【 本部長 】 ..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:09
【 原子力規制庁 前長官..
by 埼玉県警 不祥事 at 20:09
最新の記事
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 10月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 06月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 01月
その他のジャンル
リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
鉢伏公園開園10周年
の式典に呼んでいただきました。人口当たりの都市公園面積が県内最小であった善通寺市も、この10年でこの公園含めて多くの公園が完成しました。
この鉢伏ふれあい公園はいくつもの事業を組み合わせました。

防衛省(当時は防衛施設庁)の事業で、便宜上自衛隊善通寺駐屯地のラグビー部が主に使うという観覧席のついた芝グラウンドと多目的グランド(現実、自衛隊が使っていることも、ラグビーに使っているのも見たことありません)。

谷内池を中心とした農水省の補助事業で団体営事業で施工した水辺公園。

そして一番大きなのが市単独の地総債事業で山の自然を生かした自転車(BMXやシクロクロス)コース、キャンプ場、天文台、野外ステージ、茶室、工房など市民が楽しめる施設になっています。何といっても瀬戸大橋が展望できる見晴らしは最高です。
鉢伏公園開園10周年_d0136506_12575884.jpg
本来は補助事業で行った方が市の持ち出しは少なくて良いのですが、その場合土木技術レベルを問う「会計検査」という高いハードルを越えなくてはなりません。そのため土木技術者の少ない市のレベルでは技術的な「会計検査」から逃れるため、市単独の「地総債事業」として行なったと記憶しています。
by takatanx | 2013-10-27 12:55 | 地域活動 | Comments(0)
葬儀と慣習
一昨日(10月20日)の午後1時頃、私の叔母の心臓が止まり、心臓マッサージ中との連絡が近所の老人保健施設から入り、すぐに駆けつけましたが、心臓が再び動き出すことはありませんでした。「御臨終です。」とドクターより言われ、それから、悲しみに浸ることも出来ず、慣習に従っての怒涛のスケジュールをこなすことになります。
早速、葬儀社に連絡し、とにかく急いでいただいて14時半に、施設まで遺体を取りに来ていただくことになりました。しかし、遺体を「どこに運ぶか」で判断に困りました。葬儀は地域でも簡素化を進めているので、「自宅」ではなく「葬儀社の会館」で行なうことにしようと漠然と思っていました。しかし遺体は「自宅」か「会館」かどちらがいいのかと悩みましたが、「叔母も一度は家に帰りたいのではないか」と思い、とりあえず「自宅」に運んでもらいました。
さて、そこからが大変でした。打ち合わせで葬儀社から「午後亡くなったので、本来なら明日がお通夜、明後日が告別式となりますが、明後日が友引で火葬場が休みなので、明々後日が告別式となります。」といわれ、明後日が告別式だろうと思っていたのが「友引」で明々後日というのです。そこで、「今日、自宅で通夜。明日、会館で告別式は無理か。」と私から葬儀社に提案しました。葬儀社は「可能かどうか、確認させてください」と言い、その後「こちらの準備は可能です。」との回答をいただきました。
そこで、既に15時でしたが、本日18時入棺、19時通夜と決定し、市への届け出、火葬場の予約、告別式は明日13時となりました。元より講中の皆さんには18時に集合をかけており、集まってゆっくり打ち合わせをする時間も無く「入棺」の儀式を手伝っていただきました。
通夜は19時からですが、急に決定したため、連絡がつかなかった方も多くいたかもしれないことが申し訳なく思います。でも通夜の会食では、講中の方が残っていただき、にぎやかに会食が出来たことが何よりでした。

告別式当日は、講中の焼番は8時に集合、棺は9時半に会館に運び、非時は10時半から準備しました。講中の受付担当は告別式の2時間前(11時)から配置につきます。
葬儀と慣習_d0136506_16955.jpg
出棺が14時となり、法的に「死亡後24時間経過後」をぎりぎりクリアしての火葬でした。
16時から骨あげと同時に「繰り上げ初七日」を挙行し、17時から非時明け(精進明け)の会食です。そして、盛籠などのお供えの配分など、最後まで悲しむ時間はありませんでした。確かに17年前の父の葬儀のときに比べ、大変簡略化されましたが、まだまだ多くの慣習があり、改良すべき点はあるように思います。

さて、叔母は、何度も命にかかわる状況になっていました。無理やり病院に連れて行ったこともありました。最近でも、「血液濃度が生きているのが不思議なくらい薄い状況で、いつなくなっても不思議はない」と言われていました。その時が来たということですが、そのことを意識するのは、これからのような気がします。
by takatanx | 2013-10-22 16:26 | 殆ど独り言 | Comments(0)
新党首「吉田ただとも」を知らない
って人は、残念ながら多いようです。確かに今までの党首(村山、土井、福島)だった方々は有名人でマスコミの露出度も高かったですね。そんな中、新党首の発信力を心配されている方もいるようですが、最初はみんな無名です。これから党首として露出度も上がってくるはずです。そういう意味で、今回の党首選挙を機に私はちょっと風向きが変わってきた様に思います。

新党首「吉田ただとも」を知らない_d0136506_17452526.jpg
吉田新党首が大分県議時代に撮ったツーショット。
以下、吉田ただとも新党首のプロフィールです。

吉田忠智(よしだ・ただとも)参議院議員 57才。
昭和31年3月7日大分県臼杵市生まれ。
昭和54年九州大学農学部を卒業後、大分県庁に就職。
平成3年から3年間大分県職労書記長、
平成12年から1年間大分県職労委員長を歴任。
平成12年8月大分県庁を退職し、大分県議会議員初当選。
平成15年2期目当選。平成19年3期目当選。大分県議会では県民クラブ幹事長、商工労働委員長、福祉保健生活環境副委員長、行財政改革特別副委員長、予算特別副委員長を務め、非正規雇用問題、市町村合併、地方行政、男女平等参画、地球環境保全対策等の課題に取り組む。
好きな言葉は「夢」「まごころ」「努力」。
貧しい中で懸命に子どもたちを育ててくれた両親の働く姿が原点。
働く人が希望を持てる社会の実現が最大の目標。

現在社会民主政策審議会長、副幹事長、財政局長、参議院幹事長兼国会対策委員長を務める。参議院国土交通委員会、東日本大震災復興特別委員会所属。
by takatanx | 2013-10-14 17:52 | 政治的話題 | Comments(0)
秋祭
のシーズン真っただ中です。先週は私の住む木徳町の「新羅神社」
秋祭_d0136506_17144683.jpg
今週は隣の金蔵寺町の「新羅神社」の他、市内各地で開催され、町中がにぎやかです。この写真は、「丸山八幡宮」
秋祭_d0136506_17164434.jpg

ちょうど稲刈りもこの時期です。基本的に秋祭は「初穂」を献供し、「収穫を神に感謝する祭り」だと思いますから、稲刈り後が本来と思いますが、あまり気にする方はいません。もっと言えば街の中の秋祭なんて、農家の方がほとんどいません。でも秋祭は本来の「収穫を感謝する」意味ではなくても、食を含めた生活全体を「神に感謝する」意味で、単なるイベントではなく多くの人を引き付けるものがあります。

来週も隣町、原田町「春日神社」の秋祭。このときには稲刈りは終わっているでしょう。
by takatanx | 2013-10-13 17:28 | 殆ど独り言 | Comments(0)
社民党党首選挙続報
10月7日AM8:00高松市瓦町駅前の吉田忠智候補


10月8日PM5:30高松市瓦町駅前の石川大我候補


10月7日AM9:00高松社会福祉総合センターでの吉田忠智と政策を語る会
社民党党首選挙続報_d0136506_157457.jpg


10月8日PM6:30高松社会福祉総合センターでの石川大我と政策を語る会
社民党党首選挙続報_d0136506_1583338.jpg


社民党香川県連合として、両候補に対して、できる限り平等に対応しました。(県連合としての動員要請は行っていません)

香川県連合として両候補の来県に感謝しているところです。必ずこのことを党内活性化、党再生、党に信頼を取り戻すことにつなげていかなければならないと思っています。
by takatanx | 2013-10-09 15:18 | 政治的話題 | Comments(0)
社民党党首選挙
社民党党首選挙_d0136506_23552779.jpg
社民党の党首選が9月27日告示され、石川大我(たいが)東京都豊島区議と、吉田忠智参議院議員の一騎打ちとなりました。10月12、13両日に投票、14日に開票され、社民党の新しいトップが選出されます。旧社会党から党名変更後、初の選挙戦ということですが、確かに前回の選挙は社会党の時だったですね。全党員選挙の結果をひも解くと、

1981年 飛鳥田一雄39379票 武藤山治14721票 下平正一3425票
1986年 土井たか子 58670票 上田哲 11748票
1991年 田邉誠 46363票 上田哲 36358票
1993年 村山富市 65446票 翫正敏 18075票
1996年 村山富市 57591票 秋葉忠利10440票
とネットから情報を収集できました。

うーん記憶の彼方だなぁ…とにかく1996年以来、社民党に党名変更して初めての党首選挙です。今回の有権者が約17000人と言われていましたから、残念ながら、かなり党員も減少してしまったようです。でもピークでも8万人程度のようですから、国会議員の減少ほど党員は減少していないということです。少数と言えど、地域組織の強固さはいまだ変わらず「社民党あり」です。

さて、今回の党首選で早速社民党の支持率が上がったようですが、一時的と見なければなりません。党首選の意義は国民へのPRもないこともないですが、一番の意義は党員、党組織の活性化です。投票率をどれだけ100%に近づけることができるか、いわばどれだけ党員が参加できるかにかかっています。ですから党首選挙を私の役目として党内で盛り上げなくてはなりません。

しかし今日、選挙長の多田同志から注意されました(^_^;)党県連合幹事長という立場で、選挙運動をしては、「地位利用」に当たる可能性があるので、立場(肩書き)として、中立を守りなさいと言うことらしいです。

でも両陣営の情報は、党員に対して、出来うる限り流します。

さて、間に合わないので、今から入党したいと言われても今回の党首選挙には参加できませんが、協力党員(党費月500円)の方も国会議員と同じ一票を行使できます。私たちは人(役職)によって差別しません。みんな同じ権利です。素晴らしいと思いませんか?私たちの仲間(党)に入りたい方、いつでも受け付けています(^-^)
by takatanx | 2013-10-03 00:12 | 政治的話題 | Comments(0)